福利厚生もアウトソーシングする時代

最近は、福利厚生までもアウトソーシングする企業が登場してきているようです。
福利厚生をアウトソーシングすれば、自社でいちいち制度設計や運用をする必要がなくなるからです。依頼できる業者は、もちろん福利厚生制度を整えることだけに特化した専門家集団なので、しっかりとプロの仕事がしてもらえるでしょう。そのため、利用価値は高いと思います。規模の大きさを活かした様々な厚生制度が使えるようになるので、大企業はもとより中小企業にも使い勝手のいいサービスとなることでしょう。
基本的にこうした業者を使っていれば、厚生制度についての社員からの不満は抑えられることでしょう。求職者に対してもいい印象を与えられるので、一石二鳥であると言えるでしょう。
しかし、注目するべきは、研修制度やリゾート施設の優先利用制度など、規模を活かした様々な制度が利用可能になるという点にあるのです。リゾート施設を自社で厚生制度のなかに含めようとすると、非常に大きな予算と労力がかかってしまいます。しかし、厚生制度を丸ごとアウトソーシングする場合には、最低限の予算で素晴らしい制度を揃えることができるのです。コストダウン効果は極めて高いので、近年はこの分野でのアウトソーシングが一般的になりつつあるようです。市場規模は右肩上がりで、今後しばらく、勢いが衰えることはないと考えられているようです。
カフェテリアプランのような、今までにはなかった制度までもが利用可能になっていて、社員の働きやすさを向上させつつも、クリーンな企業イメージを世間に与えることができると評判になっています。